服好きな大学生の僕の手記。

優しいオタクのブログ

いいから見てくれ

ガチ恋という言葉ってきもいですよね、本気(ガチ)じゃないものは恋と呼ばないので(近況の日記)

2月23日

学生時代にまともに恋愛をしてこなかった人間たちは、生涯学生時代の恋愛を夢見ながら生きていく。これは一般的に認知されている事だと思いますが、実際自分が大人になってみて、青春をいつまでも夢見ている人間というのは思っているよりずっと少ないという事実がわかってきました。

今季の『ウマ娘』というアニメで「夢は形を変えていく」というセリフがあるのですが、実際制服で放課後デートをするとか、学校をサボって海を見に行く。みたいな絶対に叶える事のできない幻想を抱くより、仕事に精を出したり、健康のために運動をしたり、趣味に時間を費やした方が効率的だし、器用な生き方だと思います。

”青春”は本来大人が見る夢ではないのです。僕は社会に出たこともないカスなので社会というものをあまり理解していないのですが、社会的に正しい生き方にとって、特に気分転換になるわけでもない、悩みの種としての青春なんて不純物でしかありません。

しかし、人間というのは誰しもがそういう濁りをもっているものでしょう。特にこんな辺境のブログを読んでいるきみが一切の濁りのない清廉潔白な人間であるはずがありません。そうなんでしょう?僕にはわかります。

こんなものは夢ではありません、こんなものに夢なんて名づけるのは傲慢です。海堂直也の言葉を借りるなら、これは”呪い”ですね。僕たちは全員呪われています。

「俺に言わせればな、夢ってのは呪いと同じなんだ。呪いを解くには、夢を叶えなきゃいけない。
……でも、途中で挫折した人間はずっと呪われたままなんだ」 

 

まぁ、なぜこんな事を突然語りだしたかというと高校生バイトの子にオススメされた『五等分の花嫁』を読んで青春への憧れが突然爆発したからなんですけどね。『五等分の花嫁』の唯一の欠点は、永久に物語が続かない事です。ちなみに僕の一番好きなシーンは「才能がない私を応援してくれる人がいるんです」のとこ。

f:id:rurinoblog:20210226032342p:plain

『近況』

最近は何をしているかという事が残したくて書き始めた日記でしたわ。

僕はVtuber月ノ美兎氏が配信で「最近新しいことに挑戦しなくなってて、それがやばいなと思って…」と言っていた事がとても好きで、普通に感心したんですよね。素敵な考え方だなぁって。

まぁその配信がきっかけだったわけでもないんですけど、実は12月~1月の一ヵ月間マッチングアプリに勤しんでいました。ひぃ………オタクを自称している癖に、俗っぽいアプリで遊んですみません。別に隠す事でもないんですけど、見たことある地元の同級生が普通にいて、地元でマッチングアプリをやる時点で全員強メンタル確定ガチャなのが面白かったです。

そしてまさかの家が徒歩10分圏内、通っているスーパーも同じな女の子と知り合いまして、半月か週に一回程度遊んでいるんですけど、初めて会った時から毎回、哲学やオカルト、スピリチュアルな話しかしていないのが、客観的にめちゃくちゃ重い奴らだなと気に入っています。

バレンタインにお菓子を交換しようという事になり、世界で1番ポップなお菓子、マカロンを提案すると、ピスタチオ味の緑とベージュの中間のような色のマカロンを要望され、「マカロンにもこんな陰気な色あるんだ…」と思いました。

 

アプリ版限定ではありますが麻雀を覚えました。大学生と言えばアルコールと麻雀なので、ルールを覚えたことが嬉しいです。

それまでロックマンエグゼモンスターハンターでしか他人とコミュニケーションをとれなかったのでこれは大きな進歩です。バイト先の一人暮らししている先輩の家に入り浸って麻雀をしたい。いずれプロになって、世界大会の決勝で役満したい。気づきましたか?文章が適当になってきていることに。
時間を潰すという事が目的なら麻雀は史上最高のゲームです。瞬きしている瞬間に5時間とか経過してたりする。人生は暇つぶしするにはあまりにも長すぎるという人がいるなら、今すぐ始めるべき。こう書くと麻雀を悪く言っているみたいに感じるのは、僕の性格が歪みきっているからなのでしょうか。

 

「最近、夢に出てくる同級生が東海オンエアとかになってしまう」

と友達が言っていました。それが衝撃でした。これは本当にまずいことだと思います。

僕は良くも悪くも”友達”に依存して生きてきました。中学では深夜徘徊して花火をして遊び、高校ではバンドを組んだりペンションに泊まったり、大学生になっても東京に住んでも、いつだって友達がいました。

これといった特技もない僕でも何とか生きてこれたのは、どんな場所でも友達がいてくれたからというのが大きいし、性格が歪んでいる割に友人関係は恵まれていたと心から思います。

このご時世なので、あまり外に出れないのは仕方のない所もあるんですけど、友達との新しい思い出ができない。自分たちが駆け抜けてきた道が、虫メガネやゆめまるに上書きされてしまうんですよ?その一言に、突然謎の危機感と焦燥感に襲われてしまいました。

まぁ友達とデュエルマスターズしてたらその不安も見事に消えてしまったんですが…

 

2020年秋アニメ日記

 この季節になると、道を歩いていてラブホテルを見つけたとウキウキしていたらイルミネーション付けた民家だってことよくありますよね。僕のことを勘違いさせていったい何がしたいっていうんだ…

さて歳をとるとだんだんとアニメを見ることが億劫になってくると一般的に言われていますが、逆にアニメ自体は毎シーズンどんどん数が増えていっています。なので時代に取り残されて誰かと共感しやすい話題のアニメばっか見ちゃいますよね。しかし、そんなのはダサい。クソダサい。藤真拓哉@戦翼のシグルドリーヴァ on Twitter: "整備班長 CV:千葉 繁さん #シグルリ… "

「眠てえこと言うなよ、ここが俺達の戦場だ。戦場で手え抜く馬鹿がいるか」

 

ハンチョーも言っていました。結局この人の名前最後までわかんなかったな。まぁそんなことはどうでもいいんです。つまり俺らオタクにとって戦場がどこかはもうわかるな?

※例のごとく、アニメは基本的に全部おもしろいというスタンスで観ているので、この記事には特に批評やレビューといった意図はありません。独断と偏見で塗り固められた感想です。

ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima

f:id:rurinoblog:20210122063040p:plain

「これだけのマイクがあれば、人質がどうなるか分かるよなぁ」

OPの6時15分のポーズがあまりにも面白すぎる。

ヒプノシスマイクの世界観はノリが命なのでいろいろ細かいことをつっこんだらだめだという事はわかるんですけど、あまりにも勢いで話が進んでいくので原作を知らない人はこれどう思いながらみてるんだろうか。等と思っていました。

主人公ポジションがいなかったので、視聴者がうまく世界観に入り込めないというのもあるけど、そこはキャラクター間やdivisionであまり優遇、不遇をつけたくなかったという意図があったんだと思います。

基本的にアニメ化に伴って、麻天狼が優しくなったり、重めの設定が無くなったり、各所への配慮をしっかりした結果、鬱展開が好きな僕みたいなオタクには少しだけ物足りなかったと思いました。そう感じた人他にもいたんじゃないかな、そういうのが好きな人はCDや漫画見てねって事だろう。

ただファンからしてみれば、自分の推し達が動いて、話しているだけでも感動もの。特にdivisionごとにある日常的なやりとりはマンガや音源ではめったにない貴重なシーンなので、見ているだけで自然と笑顔になってしまいます。男の子の友情って、なんか良いな。

個人的に好きな話は第10話です。

二面性のある乱数中央区の言いなりにならず、pooseの2人と楽しみありのままの自分で死ぬことを決意した回『Today is a good day to die.』ですね。二面性がある人間は性格の悪いほうが‘‘真実の顔‘‘とは限りませんもんね。乱数ホント好き。サブタイトルまで完璧だぜ!

『くまクマ熊ベアー』

TVアニメ『くまクマ熊ベアー』EDテーマ「あのね。」のジャケット&収録内容が公開 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス

癒し枠1 謎の一話。

いわゆる異世界転生です。主人公のユナは現実世界では高校生にして株で成功している反面、家族とも仲悪そうだし、学校に行かない引きこもりです。

そういう現実がうまくいっていないユナが、異世界で新しい自分の居場所を見つけるストーリーです、良いですよね。現実逃避が大好きなオタクには刺さりまくります。めんどくさがりで、ひねくれているけど、お人好しで、チートでかわいい。まさになろう系主人公だって感じだ。

登場人物は基本的に全員良い人なんですが、作中でユナのことを「クマの着ぐるみを着た女の子」ではなく完全に「クマそのもの」だと認識している世界観がやたら怖くてウケます。

くまクマ熊ベアーには、ユナ異世界で最初に出会った女の子で、メインヒロインのフィナがいるわけですが、この2人の関係性や心情が割と丁寧に描写されていたのも良かったです。

「それに、ユナお姉ちゃんはどこに行っても人気者ですから…」

とか言ってるフィナが可愛いです。

(お姫様でもなければ、おいしいご飯も作れない。私にはユナお姉ちゃんが討伐した魔物の解体しかない)とフィナは悩むのですが、ユナにとってそんなの関係ないんですよね。

「私は、フィナがいいんだ。」と彼女はフィナの手を取るんですね。

惰性によって、飄々と生きていたユナが初めて見つけた執着が、フィナなんですよね。僕は今、泣いています。わかりますか?これが二人の出した________

 

 

 

”答え” な ん で す よ ね。

 

 

ちなみにエンディングが可愛くて好き

youtu.be

『いわかける!』

f:id:rurinoblog:20210122131549p:plain

「ハンギングレッグレイズ 始めっ!!!」

これは今季アニメでも語感的に割と上位で好きなセリフです。なお今季アニメでも割と上位で好きなセリフというのは嘘です。

明らかに一部奇異なオタク達のフェチズムを刺激しにいった絵柄と、意外性のある王道的なスポコンが魅力的でした。

主人公と同じ学校に通う上原隼(うえはら じゅん)が生真面目で誰よりもクライミングへの愛が強いゆえに、他人にきつく当たってしまうところは完全にスラムダンクの赤木状態で面白かったです。お前とクライミングやるの 息苦しいよ

スラムダンク】バスケ部員「赤木、お前とバスケやるの息苦しいよ・・・」←うん????? : ちゃん速

部長が高校女子界において『クライミング三姫』と呼ばれていたり、”リードの姫君”という二つ名を持っていたり、その3人よりさらに上の実力を持った、国令館高校1年生にして高校生最強、世界トップクラスの実力を持つ『クライミング・プリンセス』来栖 アンネ(くるす アンネ)がいたりと、王道的なワクワク感があり、熱い展開が多かったです。くるくるすー。

小学生たちが『いわかける!』最強議論をしていてもなんらおかしくありません。

 『アサルトリリィBOUQUET』

アサルトリリィ プロジェクトポータルサイト

ソメイヨシノが花を咲かせるには、冬の寒さが必要なの。」

元々はドールとしてスタートしたみたいですが、ノベライズ、舞台とメディアミックス化していきアニメ化したようですね。

いわゆる百合作品です。

可愛い女の子がゴツイ武器をもって人類の敵と戦うといういかにもオタクが好きそうな作品。

まず、OPの「Sacredworld」が良すぎる。個人的に今季アニメの中でもトップ3に入るぐらいにはお気に入りです。正にアニソンって感じのシンセサウンドの曲って最近あんまりないですよね。何となく平成って感じ、こういうのでいいんだよこういうので※1

これをきっかけにRASの曲をいっぱい聴きました、バンドリのアニメも見なきゃ。

youtu.be

キャラクターがハンターハンター暗黒大陸※2ぐらい多いので、覚えるのが大変かと思いきや、毎回キャラが登場したときに、やたらお洒落な演出で名前が表示されるので思ったより簡単に覚えられます。(このシステム他のアニメにも導入してくれ)

ちなみに僕はミリアム・ヒルデガルド・V・グロピウスちゃんが好きすぎて毎回この子が登場したときに、そのシーンをキャプチャして友達に画像を送っていたら友達からのLineの返信が露骨に遅くなりました。

※1漫画「孤独のグルメ」第12話より

※2ジャンプ史上一番登場するキャラクターが多い話らしい。頼むから僕が死ぬまでに完結してくれ。

f:id:rurinoblog:20210123214253p:plain

 

「人の死の最も残酷な事は、その人にまつわる一切のものが断ち切られてしまう事よ。その想いも願いもあらゆる感情も、永遠に宙に浮いたまま時を止めてしまう。残されたものはその事にただ、戸惑う事しかできない。たとえ幽霊であっても、本人とまた気持ちを交わす事ができるならそれは救いと言えるかもしれないわね。」

「不思議だと思わないか?こんなに咲き誇っていてもソメイヨシノが実をつけることは無い。人の手を借りなければ増えることの無いこの桜も、この辺りにはもうこれだけだ。僕は、ヒュージはこの桜の木に似ているのと思うんだ。マギによって作られ、生まれた瞬間から、何も食べず何も産まず、ただ戦って死ぬ為だけにある。だったらリリィはどうかな? リリィもまたマギによってヒュージ化した人の姿だ。ただ、リリィは迷いや弱さを抱えたまま戦う。人を超える力を持つ事への恐れや、それが、命をかけて守る価値のあるものだろうかという問いを抱えたまま。この違いはなんだろう?」

 

こういう感じのエモいポエムをリリィ達がガンガン言います。

百合作品特有の、思春期の女の子が抱える弱さや脆さそして儚さを、美麗な映像とシャフトの演出で楽しめて僕は嬉しいです。ストーリーもうまくまとまっていて、キャラクターの完成度も高く、最後まで毎週楽しんで見れました。

最近アプリゲームも始まったみたいなので、アニメを見て気になった方は古参になれるチャンスです。僕は小学生のころにソシャゲをやると死ぬ呪いにかかったのでやりませんが。

『まえせつ!』

新作アニメ『まえせつ!』美水かがみ劇場が新たに開幕 | アニメイトタイムズ

キャラクターは可愛い。(キャラデザはらき☆すた美水かがみ氏)

吉本興業が関わっているお笑い芸人のアニメなんですが、マジで共感性羞恥が半端ないです。

僕は宗教上の理由でアニメを途中で切るというような自由がないので

「あぁ、今日まえせつ観ねぇといけねぇじゃん、気合入れるか…」

と自分に喝いれて観ていました。

普段大人しい僕の友人も

「勢いでどうにかなるレベルのすべり具合じゃねぇよ。女性声優がすべっているのを見て興奮する変態が観るアニメ」

と酷評していました。そんな………

どこの感想をみてもクソアニメと評価されていますが、漫才以外、特に後半のシナリオは良かったです。漫才も終盤は多少良くなってきていたと思います。たぶん、知りませんが。

そしてまさか10話での車の運転トラブルが、NONSTYLE※3登場の伏線だったとは思いませんでしたね。登場したキャラがNONSTYLEに全く似ていなかった事が悔やまれます。どうみてもエッチな同人誌で奥さん寝取っている人でした。

余談ですがEDが可愛いです。本編でどれだけすべっていても、EDを見ると何もかも許してしまう求心力がありました。

※3ツッコミの方の運転でのトラブルはあまりにも有名

ご注文はうさぎですか? BLOOM』

ご注文はうさぎですか? BLOOM」花盛りなティザーPVが公開♪ 佐倉綾音、水瀬いのりら出演番組にて発表 | アニメ!アニメ!

癒し枠2

ある科学者の研究によると、ラビットハウスでの日常を守り続けることで世界から争いは無くなるみたいです。

キービジュから伝わってくる綺麗な作画と、安定感のあるシナリオ。信頼できる声優。これはもう神アニメ確定演出です。

毎週のようにごちうさ→虹ヶ咲が放送され幸せを提供されてきたオタク達が、それでも少しずつ毎日が変化していくように、最終回が近づくにつれこの連続してきた日常が終わるのを予感して嘆いていたのが面白かったです。

 

最終回のKoi先生のエンドカードから何となく伝わるみんなの成長が嬉しいようでどこかさみしいね。ごちうさに関してはもはや僕が語れることなんてあまりないような気がします。日常系があまり見れないという人は、ごちうさから見てみるのはどうでしょうか。

無能なナナ

TVアニメ「無能なナナ」公式サイトナナしゃん…

これからの展開がめっちゃ気になるアニメ。

このキービジュアルよく見たらちゃんと猫まで描かれているんですね^^

ナナしゃんがヒロインになったり、黒幕になったり、主人公になったりと話が二転三転して面白かったです。オタクではない人におすすめのアニメを聞かれたらとりあえず無能なナナか呪術廻戦って言ってました。それくらい分かりやすく王道に楽しめるアニメなのではないでしょうか。

ミチルちゃんにおもわず気を許してしまうナナしゃん、萌えだぜ。

『呪術廻戦』

2020年10月アニメ新番あれこれ。 - いまここにあるもの

ジャンプアニメキッズのワイ歓喜

「五条悟は 儂が殺す」とイキっていた漏瑚が、アニメではサッカーボールにされていました。呪霊の中でも1番まじめで常識人なのに…

でもアニメ版の蓋棺鉄囲山(がいかんてっちせん)が観れて漏瑚好きとしてはとても満足。

バイト先の女の先輩が「五条悟しか勝たん!」と壊れたおもちゃの人形のように言っていてやばいです。速攻で流行りに流されるの可愛いなと思いつつ、

「おれ、桜坂しずくちゃんと結婚するわ」等と言っている自分も同じようなもんか。と自分の言動を顧みたりしました。悪いことは言わない、七海にしとけ(作者談)

2クールあるのでまだ楽しめそうです。

『神達に拾われた男』

TVアニメ『神達に拾われた男』公式サイト

君、原作と顔違くない??

癒し枠3、簡単に説明すると、現代社会に疲れたおじさんがショタに転生する話です。

前述の「くまクマ熊ベアー」にも金髪の幼女が登場するので、お互いのキャラクターどっちがどっちか混乱していました。

正に”ぼくのかんがえたさいきょうにやさしいせかい”って感じで、被害者も加害者もいない理想郷のわりに、前世の影響で主人公の苦痛耐性はやたら高い設定はなんなんだ。

はじめは見た目こそショタでも、中身は40代のままだったおじさんが、徐々に中身までショタに侵食されていくのが少し怖いです。

さらにOPの曲名が「優しい世界」なのもかなり不気味です。異世界転生を夢見ているおじさんが、大量の幸福ホルモンを脳と脊髄に注射されて見ている幻覚のような作品です。

『戦翼のシグルドリーヴァ』

オリジナルアニメーション「戦翼のシグルドリーヴァ」公式サイト

「人間を舐めるな化け物」

今季アニメの中でも特に女の子が可愛く、また3バカのノリも大好きです。

あまりにも男に厳しいアニメでシグルリを楽しめる男は高確率でマゾ。

ネームドワルキューレ?プライマリーピラー?ティルヴィング?ヴォンドランデ?

僕はこういう専門用語が多いアニメ大好きなのですが、ただそんな僕でも???となる要素が多く、かなり複雑でした。まぁ女の子可愛いからいっか!というノリで観ていたら気にならんかったけど。

人が割とガンガン死んでいくので暗い雰囲気になりそうですが、男キャラと宮古の明るすぎるおかげでそんなに悲観的にならずに済みます。こういう死んでいった仲間たちのためにもグズグズ言ってる暇はないんだよ!という雰囲気で進んでいくアニメ好きです。

f:id:rurinoblog:20210124023913p:plain

脚本はリゼロでお馴染みの長月先生のようですが、スバルとは対照的に潔く散っていく男達の生き様が良いですよね。特に空将捕のおっさん、散り際があまりにもかわいそすぎる。オーディンに嫌がらせまでされてたし。

ストーリーは粗を探せばいっぱい出てくるんですけど、キャラクターの魅力でいうと今季アニメでもかなり上位で好きです、特に終盤の宮古があまりにも主人公していてとても良かった。話の本筋クラウオーディンそっちのけで、宮古アズズばっか気になっていました。

「アズって、本当に泣き虫だよね」(宮古)
「弱虫でごめん……」(アズズ)
「アズは泣き虫だけど、弱虫だったことは一回も無いよ」(宮古)

 ここのシーン本当に良かった。

 

安達としまむら

TVアニメ「安達としまむら」公式サイト|TBSテレビ

しまむらを一目見ただけで胸が暖かくなる。さすが私の太陽だ」

 

原作がライトノベルのアニメらしく、主人公の安達桜(黒髪)と島村抱月(金髪)の語り口調が素晴らしい作品。

僕はこういうポエマーな主人公が大好きでして、夏にやっていた『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』が完結し、ヒッキーの語りが聞けなくなった事により発生した僕の中のポエム需要をしまむらがいい感じに埋めてくれました。

 

「私は今を捨てられない。簡単に人は自分を変えられない。私の過去は、茨で繋がっているから、触れるとあの頃の未熟な自分に傷つけられてしまう。それでも、茨に手を伸ばしてみたくなる時だってある。棘が刺さり血を流すことになっても。」

「こう振り返ってみると、私は継続しない。人間関係をほとんど持ち越さない薄情なやつなのかもしれない。けど、私はこう考える。どこまでも共に流れて行くほど、強い関係は滅多にない。運命の川に長く浸れば、絆もふやけてちぎれていくものだと。」

 

 

はたしてこんなにポエミーなJKが存在するのでしょうか。いやむしろ、ギャルというのは僕らが思っているよりも案外叙情的な生き物だったりします。

あと、しまむらと会う時に私服を見られたくなくて学校を休んだ癖にわざわざ制服に着替えたり、しまむらに可愛いと言って貰えたからという理由でバイト先の制服であるチャイナ服をデートに着てきたりと、安達のムーブがあまりにも思春期すぎて愛らしいですね。

明らかに超能力を使っている自称宇宙人の少女に対して、しまむらがあまり踏み込んでいかない絶妙なバランスもリアルで良いですよね。彼女達にとっては超能力なんかより、自分達の将来や身近な人間関係の方が大事なのでしょう。

f:id:rurinoblog:20210124202702p:plain

突然始まるノスタルジックな演出もかなり好きです。なんだかんだ今季1番恋愛していたのは『安達としまむら』でしたね。

 

『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』

秋アニメ「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」第1話Aパート本編映像、特別公開! 14分の大ボリューム | アニメ!アニメ!

こちらは異世界”転生”では無いのですが、ファンタジーとしては王道物語。

高度な科学力をもつ軍事国家帝国と星霊を身に宿して魔法を使う国ネビュリス皇庁。敵対する国同士の最強の剣士と次期王女候補が出会い、恋愛関係に発展していく奴です。

主人公のイスカくんがあまりにも良い奴すぎて全く嫌味がないので、ストレスなく見れます。あと中立都市でのエンカウント能力が半端ない。

そしてミスミス隊長ジンくんの関係がめっちゃ良い。「夜中に騒がしいのも立派な犯罪だ…近所迷惑なんだよテメェらは!」とキレておきながら発砲するジンくん好き。

全体的にストーリーもテンプレで進んでいってストレスなく見れたのですが、キャラクターの欲望や思考が一切シナリオに介入しないというか、コイツら性欲とかあんのか?みたいな淡白感はありましたね。戦乱の世はそんなもんなのか。

池袋ウエストゲートパーク

 コラム】Amazonで批判レビューが殺到してるアニメ『IWGP』の8話が神回だった | ロケットニュース24

「池袋は最高だ」

池袋を舞台にした、カラーギャングを中心に夜の街に溢れるどうしようもない若者たちの日常を描いたアニメ。治安は最悪だが、まだ違法マイクが流通していないだけマシなのかもしれない。

実写版は見た事ないんですけど、これを機に結構見たくなりましたね。なんなら実写の方が映えそうなアニメです。

ちなみに僕は財布とICカードをなくした友達に池袋まで迎えにきてと頼まれ、駅の西口で待っていた所風俗嬢に客と間違えられた、という最悪の思い出があります。悲しいね…

「池袋は最高だ」というフレーズが好きで、どんな悪人も善人も分け隔てなく受け入れる。清濁併せ呑むというのでしょうか。そういう意味で、この作品の言う池袋は本当に最高の町なのでしょう。

『体操ザムライ』

 体操ザムライ」神谷浩史、小野大輔、水樹奈々ら追加キャストに! 放送直前スペシャルも放送決定 | アニメ!アニメ!

忍道とは___」

 1話から当たり前のように家に違法飼育ギリギリのカラフルな鳥がいるの怖すぎる。しかし舞台は池袋なのでセーフです。カラーギャング集団に精神攻撃マイク、なんだって受け入れる町、池袋は最高だ。

体操ザムライは毎エピソードほんと泣ける話が多いんですよね。

まずは4話「ザムライ娘」、城太郎の引退詐欺のせいでがクラスの男子からからかわれる所から話が始まります。は調子を取り戻してきた父親の城太郎に、今は体操に集中して欲しくて、自分の事で迷惑をかけないように振る舞うんですよ。

f:id:rurinoblog:20210124204313p:plain

(亡くなったお母さんの分まで自分がお父さん支えなきゃ)

という思い一心で、はずっと我慢していたんですよね。その事にレオが気づき、授業参観に行くというお話です。

女優の娘として生まれたは皮肉にも強がる演技も一流だった。この後6話の「親子ザムライ」も含めレイチェルの話はほんと良い。

他にもノリが軽いギャル男の滝沢くんが、物語終盤の日本選手権でも「今日はやりますよ…愛の為に」とおふざけ演出が入るシーンも好きです。

f:id:rurinoblog:20210124205845p:plain

誰もがネタキャラだと確信する中、自分の実力を出し切り

「何が愛だ、ばかちんが。うちのクラブに入って13年今日までお前が頑張ってきた証だろ。」

とコーチの天草さんに言わすのは(まったく…お前って奴は………)と無意識に僕も彼を賞賛してしまいました。

体操ザムライはとにかく捨てキャラがいなくて、熱い思いになれる名作です。(べた褒め)

 『魔王城でおやすみ

アニメ『魔王城でおやすみ』10月放送開始 キービジュアル&第1弾PV公開 /2020年7月16日 - アニメ - ニュース - クランクイン!

癒し枠4

この作品の真の魅力は魔王軍の魔物たちの可愛さです。傍若無人スヤリス姫を誰も傷つけること無く、しかし人質の自覚を持たせるために魔物達が奮闘するアニメという解釈がわかりやすいのかも知れません。

いわば、ラスボスはです。

魔王軍がとにかく可愛く、魔王様はもちろんでびあくまやおばけふろしき、4バカなどいちいち表情が豊かで愛らしいです。

f:id:rurinoblog:20210124204533p:plain

初めの頃はスヤリス姫の事をマジで極悪人だと思っていたのですが(それはそれで好きでしたけど)、夏休みの宿題をする回ぐらいから徐々に姫もまたこのRPGシステムの被害者の1人だと言うことがわかり、作中に出てくる精神異常者は、勇者ポジションであるアなんとかくんだけになりました。

そしてOPである『快眠!安眠!スヤリスト生活』は1部のファンから絶大な支持をうけています。一聴してみる価値はあるので、聴いて。

 

youtu.be

ひぐらしのなく頃に 業』

 TVアニメ「ひぐらしのなく頃に 業」公式サイト | TVアニメ好評放送中!

こちらも2クールあるので簡潔に。

僕は秋アニメにひぐらしが始まることをきっかけに無印版のアニメを見たので、結末は知っていたのですが、中盤に完全新作である事が発表されてめちゃくちゃテンションが上がりました。昔のアニメ独特のセリフ回しや、キャラクターボイスが現代作画で楽しめるのは嬉しいです。

課題も終わっていないのに、こんなに長文のブログ書いて僕よしよし いい子いい子なのですよ。にぱ~☆

 『おちこぼれフルーツタルト』

f:id:rurinoblog:20210124204951p:plain

 

キララ枠であり、癒し枠その5。(どんだけ癒されてんのコイツ)

このアニメの感想を率直に言うとエロアニメでした。これはエロアニメです。

原作の作者は『ハナヤマタ』の浜弓場双先生で、1部ファンからは愛をこめて"きたないハナヤマタ"と揶揄されていたのは笑いました。作中に常識人が1人もいません。全てノリと勢いで話が進んでいきます。ロッコロッコブロッコリー

ライブパートがCGなしで作られていて、少し懐かしさを感じてしまうのもなんか良いですよね。なぜネズミ荘だけにあれだけ変態が集まってしまうのか。その謎を解明すべく、我々調査隊はアマゾンの奥地へと向かった━━    

 

(…ここで手記は途切れている) 

『魔女の旅々』

 アニメ『魔女の旅々』新ビジュアルにはイレイナとフランの姿が - 電撃オンライン

「はい、それでは問題です。澄み渡った青空をゆく、そこに人がいたのなら間違いなく誰もが振り返り、ため息をこぼしてしまうほどの美貌の魔女は、いったい誰でしょう?」

主人公である魔女イレイナが、様々な国を旅するお話です。基本的には短編集なので、毎回違う話が展開されていって、1話でAパートBパートで別の話を扱う事もあります。

作風として必ずしもハッピーエンドになる訳ではなく、後味悪めのバッドエンドや鬱エンドの話も結構あります。僕は作者は本当はそういう話が好きなんじゃないかと睨んでいます。個人的に4話「民なき国の王女」や6話「正直者の国」、3話Bパート「瓶詰めの幸せ」などが好きです。

「私が、何かに気づいてしまったら 私の自由な旅が終わってしまうような気がするんです。」

良いですよね。必ずしも良い結果にならなくてもイレイナは自らの旅を楽しんで後悔はしていないんですよね。それが誰よりも自由に生きているように見えて。1番自由なやつが海賊王ってルフィも言っていました。これを機に『キノの旅』も観よう。

ラブライブ虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

画像】ラブライブ虹の声優さんガチで顔面レベルが高い | ☆パチスロ・パチンコ☆ブログ最新情報!

「だったら…だったらラブライブなんて出なくていい!」 

ラブライブ=人生。

ほんとこのビジュアルがライブで発表されてから、このアニメを待ち続けていました。僕はラブライブがあまりにも好きすぎるせいで、逆に書くことがあまり無いですね。ニジガクだけ感想を分けようかと悩んだぐらいです。

最終話は友達と一緒に見たんですが、あまりの巨大感情にそこからラブライブだけで5時間ぐらい話していました。オタクってキモイね。

個人的にアニメ版といえば、かすみんりなりー彼方ちゃんが目立って良かったですね。もう御託はいいよね。とにかくラブライブ虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会を見てくれ。

他にも好きなアニメいっぱいあるんですけど、もう無限に感想書き連ねることになるので今季はこの辺で…冬アニメも張り切ってみていきましょう。

 

〜fin〜

※昨日酔っていていつの間にか書いていた日記

夏アニメ感想後半の記事が未だに出ていないんですけど、もう秋アニメ終盤なんだけどになにこれバグ??

平日の真夜中から外を散歩していると、無性になんか書きたくなってこのブログを書いています。こんなことしている場合じゃない。何なら散歩もしている場合じゃない。外大雨だしさ、みたいアニメは溜まってて、常連のスーパーで毎回年齢確認されるし、曲はできないし、学校の課題は山積みだし、バイトはしんどいし、寒い。凍えそうです誰か手を握っていてください。

雨とか酒とか自分とかに酔って散歩して、アジカンストレイテナーを聴いていると過去の自分に想い耽ったりなんかしちゃって。もうさ、いい大人なのに。というより悪い大人。でもなく、大人でも子どもでもない、出来損ないのような人間が僕です。

まぁそこまでは思ってないんですけど、何か創作物と向き合うための”熱量”みたいなものが確実に減少しているし、僕は幻想を楽しむ上でそれが1番大切だと思っているんですよ。

中学生の頃の、螺旋丸を使えたり、突如異世界にワープしてそこでモンスターと友達になったり、スクールアイドルの女の子と同じクラスになれる。とリアルで信じていたあの感覚。信じる心がない。純粋で無垢で凶悪なほど自分勝手になれるあの感覚。社会というものに心まで矯正された。まだ負けたわけじゃないけど、己の中の社会性に確実に土俵際まで追い込まれている。本当に社会の話嫌いだ。

知人と『鬼滅の刃』の話をしていたんですよ。推し誰?から始まり、

(あ、こやつはキャラ選で見るタイプかな?ぐふっ あんまり合わないタイプだけど同じ作品を好きならそれはもう同士だ。俺は信じる 君たちを信じる デュフ

などと思っていたら、

「泣いたわ~ 興行収入やばいらしいな。」

「なんでここまで社会現象になったんかな。やっぱ現代に即した内容がぁ~」

「やっぱ煉獄さんのメッセージに元気もらって~~~」

うるせぇぇぇぇぇぇ  

現実に結びつけるのやめてくれ。内容の話がしたいよ、鬼殺隊強さ議論とかそういう話がしたいよ僕は。語り方が大人、冷静に俯瞰している感じが嫌だ。マジで鬼殺隊に入隊したいという気概を感じられない。

目の奥が笑っていないというか、フィクションは人と人とが繋がれて、現実に役立つ考え方が身についたり、気分をリフレッシュできる良い娯楽だ。みたいな考え方がもう合わない。ベースがもう現実に役立てること前提。

まぁ社会的に間違っているのは確実に僕です。でも社会のために生きたってどうしようもない。社会は、僕のような人間のために周っていないのだから。

と、ここまで御託をペラペラしゃべり連ねてきましたが、要は何かに熱中、依存しまくるのって楽しいよね。という話だ。つまりこの世界は孤独なダンスホールというわけですね。くよくよ悩んだりする時点で真理への裏切りだ。依存の何がいけないの?とツイッターメンヘラ垢のような事をいっているのは僕です。むしろ、何かに夢中になった時の熱量こそ、一番大切な何かだ。冷静に平静に正しく生きるだけ何て、辛すぎないか?ぽまいら...

 

まぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕がなぜ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなにテンションぶれぶれで日記を書いたかというと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋アニメが終わりかけて悲しいから!

                   

 

 

                                  ~終わり~

                                                

2020夏アニメの感想を今更ながら書くけど、みんなはどうする?

どうも、夏休みが終わり憂鬱な僕です。

夏にアニメを見まくったので、その感想を書いていきたいと思います。友達にオタクがいないのでそんなもの書いてもあまり意味がないんですが、

「⚪︎⚪︎君が面白いっていうなら私も見るよ」

という僕のことが大好きな幼馴染の美少女がどこかにいるのかもしれないので書きます。(初めは「めちゃくちゃオタク趣味の女の子って可愛いよな。」と思っていたが、そんな僕の言葉を聞いて、自分もオタクになろうと奮闘する彼女の”健気さ”が、実際オタクである、という事実よりも何倍も可愛いと気づかされる、みたいなそういう展開いいですよね。)

なお、例のごとく独断と偏見による評価となりますが、この記事では基本的には悪いところは書きません。優しいオタクなので♪♪

『魔王学院の不適合者』 

f:id:rurinoblog:20201011034427j:plain

主人公の魔王 アノス・ヴォルディゴード

アノス様かっこいい!!

となるアニメ。でも、本当はレイ・グランズドリィ君が好きです。(小声)

話のテンポがめちゃくちゃ早かった。主人公のアノスが戦闘力が高いことだけでなく、時間操作、過去改変、死者の蘇生となんでもありで、アノス様がなんとかしてくれるという安心感が半端なかった。(同じ時期にやっていたSAOで同タイプの主人公キリト君は要介護状態だったのですが。)

人間ってどちらかを助けなきゃいけない、みたいな選択をせまられる状況ってあると思うんですけど、アノスは全てを助ける。常に最善、全てを叶えるわがままな男、かっこいいぜ。「俺の答えは...両方救うだ」

個人的に、サーシャが手紙を落とした時、それをアノスが拾うシーンの

「ありがと」

「なに、何度でも拾ってやる」

というセリフが好きです。こんなん言われたら、勘違いしちゃうよ。わたし。

デカダンス』 

f:id:rurinoblog:20201011043552j:plain

「世界にバグは、必要だ」(カブラギ)

設定が少し複雑です。僕は馬鹿なので、設定を飲み込めるまで ??? と思って見ていました。

まずキャッチコピーから好き。”生きる世界は自分で決める”

細かいことを言うとネタバレになるので言えませんが、世界のシステム、絶対的ルールに抗うという内容で、ヒロインのナツメは”世界”からバグと呼ばれています。

7話のいつも明るいヒロインのナツメが弱音を吐くシーンと、カブさんが世界が間違っていることを確信するシーン「...俺が 全部ぶっ壊してやる」の展開は胸熱でした。

オタクはたった一人の女の子を救うために全世界を敵にするのが大好き。女の子の涙は世界より重いんだよ。

f:id:rurinoblog:20201011071658p:plain

デカダンス』の世界はSFで描かれているわけですが、作中で出てくるサイボーグのための娯楽施設が出てくるのが面白い。サイボーグってそもそもサイボーグ(または人類)の繁栄や存続を目的として人間に作られたものであり、そこに意思が芽生えたらそれはもはやサイボーグって呼べるのかな?

種の発展をプログラミングされて生まれたものが「サイボーグもたまには息抜きぐらいほしいよね」みたいな事考え出したらそれこそバグでしょ。もしかしたら人類もそういうDNAのバグで感情というものが形成されていったんかな。みたいな事を考えていました。

つまり感情はバグです。僕から痛みと悲しみの感情だけを取り除いてください。

『宇崎ちゃんは遊びたい!』

f:id:rurinoblog:20201011053839p:plain

夏休みの終わりを悟り絶望する宇崎ちゃん

IQを5ぐらいにしてみる枠。

宇崎という名前でここまでうざい性格になれる花ちゃんのメンタルすごいな。

ぼっちな先輩にヒロインの宇崎ちゃんがちょっかいをかけるというラブコメです。

ちなみに、主人公の桜井は、身長180cm、高校時代水泳部、やや細身ながら筋肉質、目つきは悪いがイケメンで、目上の人に礼儀正しく、人格者、少し鈍いところがありそこがまた可愛い、というド級のハイスペック人間です。

なので、オタクが”なぜか”モテるハーレムものと違い、モテるべくしてモテている人間なのがいいですね。オタクに絶対感情移入させないという強い意思を感じる。僕らはあくまで、宇崎ちゃんと先輩の微笑ましいやりとりを見守るだけの観測者でしかないってことなんだね。そしてエンディングの虚無感がさらにそれを加速させる。

 

11話で、シリアス展開に入りそうな終わり方から次週へ...となったので、毎週の癒しが奪われた悲しさで、その一週間は料理の味がしませんでした........嘘です。

個人的に宇崎ちゃんの母親である宇崎月さんが好きです。大人しくて癒し系の母親だが、実態は作中トップクラスでやばい人なのがいいですよね。

 

あとYouTubeにあがっていた公式のマリカ動画が、やたら原作に沿った高クオリティでウケます。

youtu.be

 

『天晴爛漫!』 

f:id:rurinoblog:20201011063658j:plain

GM社員のメガネ、苦労人でいいよね

このキービジュアル、クレイジーTJが絶妙にイキっていておもしれぇ。このアニメを全く知らない人が見ても「こいつがクレイジーTJなんだろうな。」と一発でわかる風格たまんねぇぜ。

さっき書いた『デカダンス』が、「世界をぶっ壊してやる」だとしたら、こっちは「俺はこの世界でどこまでいけるんだ?」みたいなワクワク感がある。抽象的だけど、伝わってほしい。

時は明治、日本の港町に住む天才カラクリ技師の空乃天晴が、これから相棒となるお目付役の一色小雨と共にアメリカ大陸に行き、ロサンゼルスからニューヨークまでのアメリカ大陸横断のカーレースに参加することとなる......←もう面白そう。

基本的に車でのレースがメインと思っていましたが、別にそんな事もなかったです。

特にキャラクターデザインがめちゃんこ良かったです。割と登場キャラクターが多いのにマジで全員わかる。あれ?こいつなんだっけ??みたいなのが一切ない。ファッションから髪型まで凝られてるなぁって感じました。もちろん僕はクレイジーTJが好きです。

全然関係ないんですが、この前友達とシーシャに行った時、横のビリヤード台にいた社会人男女集団の男の人が

「here we go!!!!!!!!!!」

って言いながら球をショットしていて、めちゃくちゃ元気な人だなと思っていたのですが、もしかしたら天晴爛漫の狂信的なファンという可能性も捨てきれないですよね。

 

『Re:ゼロから始まる異世界生活』 

f:id:rurinoblog:20201011072939p:plain

自慢げなエキドナ

僕はアニメでエキドナを見ることが小さい頃からの夢だったので、それが叶ってとっても嬉しいです。

リゼロは本当に書きたい事が山ほどあります。

まず、29話「親子」はまじで泣いちゃいました。

スバル母の「大事なのは最初でも途中でもなくて最後。でも、結果が良ければ全て良いわけではない」というセリフはとても印象的です。

死に戻りという権能のあるスバルは、何度間違ったとしてもやり直し続ければ最後は自分の望んだ結果を選ぶ事ができる。でも、一番良い結果が出る過程で傷ついたスバルの心まではやり直しする事が出来ないんですよね。

なんでもかんでも死に戻りして、スバルだけが傷つけばいいわけではないという、それは今後のアニメの展開で重要なテーマの一つとも言えるのではないでしょうか。

f:id:rurinoblog:20201011071618p:plain

ベティ

そしてベアトリス。金髪ツインドリルのロリです。

性格は無愛想でツンケンしているが、なんだかんだでスバルの面倒をみてくれる優しいやつ。個人的にリゼロ2期(聖域編)は成長の物語でもあるな、みたいな事を思っていて、スバルやエミリアだけでなく、ガーフィール(ついでにロズワール)までも心に少しづつ変化が生まれます。

その中でも、ベアトリスの成長が本当に好きで、早くアニメでみたいと思っています。36話「死の味」でのベティの叫び大好きです。「くそ!俺なら、ベティを1番にしてやれるのに...」と歯がゆい想いをしたオタクは僕だけではないでしょう。意地っ張りでも本当は人一倍寂しがり屋のベア子 Ka☆Wa☆I☆I

f:id:rurinoblog:20201011085741p:plain

攻めに弱いオットー

そしてオットー・スーウェン。今季のヒロインです。

ほらみて?完全にメスの顔です。

 

ただでさえ、先の見えない暗闇のような展開が続く聖域編、伸ばした手は見えず、叫んだ声は暗闇に溶けていく。そんな暗黒の世界に差した、僕らを導いてくれる一筋の光、それがオットー・スーウェンその人です。

 

オットーが活躍する32話「ユージン」もかなり好きな回の一つです。

スバルはこの時、何度も死に戻りを繰り返し、エキドナ、ガーフィール、ロズワール、ベアトリスなど、信用していた周りの人間への不信感を募らせていました。

そして監禁状態に陥ります。早く抜け出さないとループ地点が上書きされ、誰も救えなくなる。しかし、頼れる人間はいない、という状態で自暴自棄になりかけていたところをオットーに助けられるんですよね。オットーが助けに来た理由は...

 

ユージンだから。行商人で交渉のプロであるオットーが何の見返りや打算なく、スバルを助ける。友達だから。なんてシンプルな理由なんだ、取り繕いも飾り立てもない優しさ。ほんと好き。

多分、スバルがいなくなってから数日、ずっとスバルに思い馳せていたんだろうな。疑心暗鬼になっていたのは、スバルだけでなく視聴者のみんなもそうで、レムという心の支えがなくなったスバルや視聴者の荒んだ心を癒すオアシス、それが今季のオットーといえるのではないでしょうか。

戦闘ではあまり活躍ができないけど、スバルのメンタルをささえる役割はきちんと果たす。これヒロインでしょ。

 

ということで前半はこのぐらいで。。

 

 

上京してからのエピソードメモ2 夏祭り前日と缶ビール

今年の夏は家でアニメを見ていたらいつの間にか過ぎ去っていた。僕、20代前半の人生黄金期なのに...

こんな時は過去の思い出にふけるのが1番だと思い去年の夏の写真を漁る。大人は新しい思い出ができる事が減るのに比例して、過去に陶酔する事が増えていく。なんか寂しいね。

と思ったが、去年バイト先で酔いすぎてスマホをぶっ壊したせいで、写真という名の具現化した思い出がこの時期だけ消えていた。「思い出は心の中に」というタイプの人間もいるだろうが、僕は記憶力がクソザコナメクジだし、アルコールのせいで人の記憶にしか残らないタイプの思い出ばかり増えるので、割と写真とかは撮りたいタイプです。だって写真撮るのも楽しいだろうが。

なんとか、LINEアルバムや、半年くらい連絡も取り合っていない東京の友人に連絡を取り、写真を送ってもらう事で思い出を取り戻してきました。人々の記憶のピースはインターネットに保管されています。この作業をしている時に限って昔の写真を見返したくなるのなんなんだろう。引越しの荷造りで、久しぶりに好きなマンガ読みだす心境と似ているのかもしれない。

 

「◯◯が浴衣着たいなら私も着るよ〜」

 

嘘つけ本当は自分が着たいんだろ。と言った気がする。スマートじゃないね、モテる男はこんな返事しません。モテ男指南アドバイザーに怒られそう。

自分が着たいという気持ちは別になかったけど、彼女の浴衣姿が見たかった、という単純な理由で浴衣で行こうとお願いした。

メルカリで買った3000円の浴衣は、値段の割には良いものだったし体裁を整えるのには十分だった。せっかくの浴衣デートなので、髪にパーマを当てたら浴衣の2倍以上の値段がしたし、美容師さんが「アジカンのゴッチみたいにするねぇ」ってずっと言っていてうざかった。バンドが好きな若い男、全員ゴッチになりたいと思ったら大間違いだからな。「ゴッチにはなったけど、マイヘアーイズバッドとはならなかったっすね、」とか言えばいいんか。誰か僕を部屋にあるインテリアと化したギターのヘッド掴んで殴ってください。嘘ですありがとう美容師さん、また来るね。

隅田川花火大会の前日、お泊まりデートをする事になった。お泊まりデートといっても別にそういう事をするつもりだったわけじゃないです。いや、別にしても何の問題もないんだけど、そういう気分じゃなかった。ほんとだよ?

 

缶ビールを買った。

ビールなんてこれっぽっちも好きじゃないけど、彼女の家に向かう電車の中で、きのこ帝国を聴いていたから、という口にするのも恥ずかしいめちゃくちゃオーソドックスな理由だ。クソださサブカル大学生じゃん。うるさい。人生これでいいんだよ。

彼女は駅まで迎えに来てくれた。暗くなった道で最初の缶ビールを開け、飲酒しながら帰った。夜風が気持ち良い。というわけではなかったし、変なおっさんに絡まれたけど、それでも、結局知らん道を飲酒しながら歩くのが一番楽しかった。

その日は浴びるように酒を飲んだ。東京にいた時の僕のモットーは、”体力の限界まで遊ぶ”だったので、その日も例に漏れず体力の限界まで遊んだ。思えば子どもの頃は、KAT-TUNも裸足で逃げ出すぐらい今よりもっと体力の限界ギリギリまで遊んでいたな。瞬間に全力だったせいか、明日を犠牲に今を加速させる生き方ができていた。今はアルコールに頼るしかないけど。

「男女2人で宅飲みとか絶対セックスじゃーん」とか言っているやつ、アルコールさんに失礼だろうが。

仮に酔いにレベルがあるとするなら、レベル2、3ぐらいでヘラヘラいちゃいちゃしていた彼女は、4、5レベルになると、

「誰も私を愛してくれない。誰からも必要とされてない。はやく死んで野良猫に生まれ変わりたい」

しか言わなくなっていた。そういうところも本当に好きだ。人は本気で切羽詰まると、ぴえん 何て言ってられない。

僕は酒を飲んでも一切弱音を吐かない人間が怖い。なんというか、家庭環境とか、学生時代が全てうまくいった人特有の聖のオーラが出てる。僕なんかより、100倍正しい人なんだろうけど、少しでも間違った行動をすると説教されそうというか、一緒にいて疲れる。人間関係なんて相性が1番重要なんて、もう小学生の頃から何度も何度も自分に言い聞かせているはずなのに、いつまでたっても悩んでいる。それに、そんな理性の化け物は、本当はどこにも存在しないっていうのに。

そんなどうでもいいことを考えていると、深夜1時を回り、彼女はベッドに吸収されるように寝た。僕は男の前で堂々と寝れる女も好きだけど、「絶対男の前では寝たくない」と言っていた女の子もそれはそれでカッコよくて好きです。誇り高すぎる。うちは一族かと思ったわ。

先に彼女が寝たので、彼女のパソコンでアニメ版ポケットモンスターを見ていた。ポケモンなんて子ども向けのアニメを見ているというのに、一人で飲むビールは、少し大人になった気がして、さっきよりもおいしかった。静寂としていて、エアコンの音しかしないはずなのに、頭の中では、何か音が押し寄せるような、脳が潰されるような感覚がした。たぶん月だ、月が鳴っていたのだ。

この記事を書いている今もだが、アルコールはいつだって、孤独を紛らせてくれる。

もし孤独を感じないために友人関係があるのなら、僕の大親友の一人はアルコールだ。これからもよろしくな。

 

 

 

 

 

ポエムをゴミ箱に捨てている人間を見た時が何より悲しい

感傷に浸れる事は才能でしかない。

セブンのマンゴーアイスを食べながら、そんな事を考えていた。駐車場で夏の匂いを感じようとしたけど、一切感じない。夏って匂いある?排気ガスと、横でお兄さんが吸っているたばこの匂いしかしないんですけど。

僕は曲がりなりにも大学生をやれている。

去年、大学を休学している時は「戻っても大卒資格をとるだけで、最低限大学の事なんて考えないようにしよう」とか「地元に戻っても、最低限仲の良い友達とだけ仲良くして音楽にだけ打ち込もう」なんて心に刻んだ思いとは裏腹に、

「趣味が合う高校の同級生と仲良くなりたいな」とか、「大学の後輩とデートしちゃお」と徐々に社会に馴染んできている自分が本当に嫌い。ほんとクソ。ポケモンやってないで曲を作れ。アシレーヌかわいい。

創作物に対して大人は感傷をサボる。社会でうまく生きていくためには、感傷に浸る事は欠点にしかなりえない。SNSで空の写真と一緒にポエムを書く人間が減るのは、成長に伴い精神が安定したからなんかじゃない。生きるのに慣れただけだ。そもそも心に成長なんて概念はない。考え方が変わる事はあっても、心に優劣はない。

ある程度の年齢になると、音楽とか、小説とかで感傷に浸る事がなくなる。そんな事より大事なものとやらができていく。学生時代、SNSで長文のポエムを書いていた女の子が、甥っ子がかわいい と 芸能人の不倫訃報 と 社会で話題の話しかしなくなるの、本当に悲しい。米津さんの新曲まじ好き。と屈託のない笑顔で言っていた同級生。岡田将生とガチで結婚するって言ってたのは嘘だったの?ねぇまだ信じてるから。

たぶん、何もかもめんどくさくなっているのだ。人間の心で1番強い気持ちは、このめんどくさいという奴だと思う。人間は馬鹿じゃない。考えられないわけじゃない。考える事がめんどくさい。そうして惰性と怠慢に支配されていき、ゆっくりと心が錆びていき、いつしかどうやって悲しんだり楽しんだりするかもわからなくなる。取り繕いSNSで充実した日々をアピールしたところで、自分の空っぽさをより深く感じさせるだけだ。上っ面だけ小説好きを公言していても、自分が本気で楽しめないとすぐに飽きる。

音楽だって誰かと共感共有なんかしなくたって、誰もわかってくれなくたって、自分一人で楽しんでいたはずだったのに。ポエムという名の自慰行為にも似た独りよがりをやめて、ただ社会的に正しい事をし続ける。たばこや酒をやめて、誰のために運動しているのだろう。誰も褒めてくれない。望んだ幸せはそんなはずでしたっけ。まぁいいか、考えるのめんどくさいし。

こんな事を書いていると、なんか泣きそうになってきました。誰か僕を抱きしめてください。ただ、酒の力をかりないと、泣く事だってできないし、ブログも書けないし、自分をどうやって肯定するかを探し続けるだけになっちゃうから、いい事なのかもしれないね。

なんかもう、人間が全員、人生ゲーム終盤みたいな感じで辛すぎる。俺なんか始まってすらいないのに。なんでこんな苦痛を味わわにゃならんのさ。早く何にも依存せずに生きていける人間の脳内構造が、最新テクノロジーで明らかになってほしい。馬鹿にしているわけではなく、何を楽しみにみんな生きているの。アニメとか音楽も興味ない人。そもそも自分以外の人間に意思とかあるの。まじ?

そんな事を考えながら、風とか夏とか夜とか君とか、そういうものを感じられるように生きていきます。おやすみなさい

 

暇すぎるのでカルボナードフラマンドとかいう料理作ります。

次点でバインミーというベトナム料理を極めようかと悩みました。

突然ですが、他人の家で出てきたらテンションの上がる料理といえばなんでしょうか。

やっぱりあれですよね。

2個上の彼氏とのデート。夕方から古着屋やゲームセンターで遊びつくした後、家の近くのコインランドリーで他愛もない話で盛り上がって、将来の不安とか、社会の事なんて一切考えず、そのまま彼氏の家で安い缶チューハイ飲みながら、深夜1時、ほろ酔い状態で手を繋いで行ったコンビニの簡単な材料で彼氏がパパッと手際よく作ってくれたチャーハンですよね。

僕の場合は食戟のソーマに出てくる食べ物が良いです。食べた瞬間

んぎゅぅ!!!!!!!!って言っていきなり全裸になったらうけそうだし...

上の二つには劣るのですが今日はカルボナードフラマンド(牛肉のビール煮)というベルギー料理を作ります。

 

f:id:rurinoblog:20200510003439j:plain

まずは肉をぶちこみます

この時、赤みが強い牛肉を使う場合は牛脂を使うとパサつかずおいしくなります(真面目な解説)。しっかり両面焼いて、メイラード反応を起こしましょう。

僕はこれが食べたすぎて、近くのスーパーにダッシュして買ったので、少し赤みが多い肉を使っていますが、できれば筋の多い肉を使いましょう。

f:id:rurinoblog:20200510004246j:plain

たまねぎとベーコンをぶちこむ

突然ですが最近、SAOシリーズを全部見ました。

僕の一番好きなシーンは、2期23話マザーズ・ロザリオ編のアスナが初めて母親と向き合うシーン。

今までは、仮想世界での自分を隠していたアスナが始めて自分の母を仮想世界へ招待する。

個人的に、いつも強気で弱みを見せなかったアスナ母が、アスナ本人からはじめて自分の想いや本当にやりたい事を打ち明けられ、涙を流した後ごまかすのが良いです。

ちょっと、なにこれ、私はべつに泣いてなんか。

ゲームのせいにしようとするアスナ

母さん、この世界では涙は隠せないのよ。泣きたくなった時は誰も
 我慢できないの

と、言われ

不便なところね。

ともう一度涙を流しながら、言うシーンがたまらなく好きです。

SAO関連で言うとこれはよく考えるのですが、

もしAR技術が発展して仮想現実での自分の容姿が自在に操れる状態にある場合、オタクのおっさん達は次々に美少女化していき、現実の女性を性的に見る必要がなくなりますよね。

おっさん達が美少女となり萌え合う事により、水商売はなくなり、そういうところに流れていたお金が全てAR技術の発展のために使われる世界線があっても良いと思います。

f:id:rurinoblog:20200510013021j:plain

肉を鍋に戻し

f:id:rurinoblog:20200510013105j:plain

そこにビールを注ぎます

週末の歌舞伎町の排水溝みたいになっていますが、これでOKです。

ここで入れるビールは、アンバエールビールという黒ビールが本当はオススメです。僕は貧乏人なので普通のビールですが...

そこに色々調味料やスパイスをぶち込んでいきます。

ここでキャトルエピスというフランスのミックススパイスを入れるのですが、そんなものは家にない...という事で、スーパーに売っているスパイスを入れていきたいと思います。

クローブ、ジンジャー、ナツメグバルサミコ酢ディジョンマスタード

小麦粉、ローリエ、黒糖をいれます。(分量はお好み)

この時マスタードは辛さが控えめのものを入れましょう。

f:id:rurinoblog:20200510020426j:plain

僕の大学マジで8割ぐらいの人間がテラスハウスを見ていて、会話の話題がそればかりになりがちなので、僕もついに重い腰をあげ1番見やすいとされるハワイ編を見始めたのですが、開始1時間で共感性羞恥心が高まり断念しました。

というか、歴代出演者プロサーファー多すぎ。プロサーファーが1番モテる世界線怖い。もっとずっと家にいてモンハンしている奴とか欲しい。狩ったティガレックスの数とかでマウント取ってて欲しい。

ちな俺は49頭な。

f:id:rurinoblog:20200510021030j:plain

f:id:rurinoblog:20200510021054j:plain

f:id:rurinoblog:20200510021137j:plain

f:id:rurinoblog:20200510021156j:plain

それによって生み出されし

ここまできたらもう少しです。(20分くらい煮込みました)

小麦粉はとろみ用なので片栗粉の方がいいかもしれません。おしゃれぶって直接いれるとだまになりやすいので、気をつけてください。

味が複雑な食べものはだいたい美味い。


『この料理考えたやつ天才グランプリ』がもしあった場合、僕はカレーを押します。それはもちろん、美味いからという理由もあるのですが、なんでこんなもの考えついたんだよ...という芸術点的な理由もあります。
トマトソースに、その辺の木の皮や匂いのする根っこを粉末状にして入れて肉や豆と一緒に煮込んで食う。という発想がマジでぶっ飛びすぎ。インド人すごい。すごすぎる。インドカレー屋のナンがでかすぎるし、ラッシーの量が多すぎる。いつも身内のインド人達とパーティーしている。外出自粛してくれ。でも元気に店は続けててくれ。

しかもカレーは奇抜さと実力のバランスもしっかり取れている。ただ過激な事をして注目を集めているんじゃなくて、人気に裏づけされた実力も兼ね備えているの完璧すぎ。

 

ここで味見をして、味が薄ければ塩で味を整えましょう。

パスタを茹でて盛りつければ

f:id:rurinoblog:20200510030956j:plain

僕がパセリを買い忘れたせいで、重荷を背負わされたネギの勇姿

完ーー成ーー!!!!

 

ちなみに付け合わせはパスタよりフレンチフライが一般的らしい。

味はというと、肉がなんかほろほろとしていて、バルサミコ酢の酸味が効いていて、なんかめちゃくちゃ難解な味がする。でも確実に美味い。食べ物の感想を言語化しようとしても無駄だ。美味いもんは美味いです。

別になんでこんな料理を作ろうかと思い立ったかというと、おもしろいかな。と思っただけだ。料理がうまくなりたいという向上心なんてないし、自粛期間を有意義に使おうなんて大層な事は考えていない。

そんな事ってほんとはどうでもよくて、ただ友達と変な料理作って、変な味だねって誰かと笑い合いたいだけだ。

まぁしっかり作っちゃった分しっかりめちゃくちゃ美味い料理が出来上がっちゃったわけなんだけど。

最近大学が始まったっていうのに、オンライン授業で生活の変化は起こらないし、アニメを見ている時しか表情筋は動かないし、ただなんとなく生きていると漠然とした虚無感が襲ってきて、美味いものとアルコールがないとやっていけないんですよ。自分を騙すのだけは本当にうまくなりました。22歳。拳で語り合えない年齢。

ただ最近、家の近くの薬局のお姉さんの(多分イエベ)バッチバチなオレンジメイク?みたいなのがやたら可愛くて、マスク越しにほんの少しだけニコニコしました。

f:id:rurinoblog:20200510032949j:plain

クローブ取り除き忘れた

クローブというスパイスは知っていても、実際の味を知っている人は少ないと思います。ファブリーズで煮詰めた枯れ枝みたいな味です。これはほんと。

食事。という娯楽は本当にすごいなと思います。音楽なんかよりずっとわかりやすい。

人間はそれだけは毎日欠かさず絶対にやるし、なければ死ぬ。ノーミュージックノーライフなんて言っているやつも、食わなきゃ死ぬ。8日とかで死ぬ。音楽で腹は満たされないし、どんなに悲しくても腹は減るってノッキングマスター次郎が言ってました。

春だというのにちっとも浮かれないけど、今日から僕の得意料理はカルボナードフラマンド。